大事なこと。

本当に大事なことを書きます。

「世界の果てまで行っても、自分からは逃れられない」ということです。

僕は去年まで自分が嫌いでした。今も自信を持って「好き」とは言えませんが、まあ「生きててもいいのかも」くらいですかねえ。そもそも100%ポジティブ人間を僕は信用していないので。

自分を嫌いな理由はいろいろとありました。ギャンブルをやめられないことや人間関係が下手なこと、社会にうまく適応できないことなど、その原因は生育歴やいろいろとあるでしょう。

でも、できあがった今の僕は「僕」なわけで、決して「あなた」や「彼」「彼女」ではないし、20代をリスカと処方薬依存で過ごしてきて、対人恐怖が治らない「僕」からは逃れられないのです。

昔は「僕」とは違う自分になろうと必死でした。もっと明るく、もっと傷つかなく、もっと強くなろうと必死でした。そして、そうなれなくて絶望してその繰り返しでした。

巷にはキャッチーな言葉があふれています。「自分を好きになろう!」「自己肯定感を高めるには」「ポジティブに生きる方法」そんな言葉を鵜呑みにしては、そうなれない自分を嫌いになっていきました。

でも、ある時、気づいてしまったのです。どんなに他の人間になろうとしても、どんなに他の地域にいっても、どんなに世界の果てまで行こうと、自分からは逃れられないのだということに。

たぶん、それは「真理」で。であるならば、まあ「好きになれなくても、受け入れていこう」とは思いました。なかなか好きになるのは難しかったので、まあ自分を大事にしようくらいのことから意識しました。

もちろん、今でも嫌になることもたくさんあります。他人から見たら、「それくらい」と思うことかもしれませんが、自分にとってはマイナスのことだったりします。

僕は昔から思っていました。たとえ、ギャンブルをやめられなくても、金持ちになれなくても、孤独であろうとも、「自分で自分にOKが出せたら」それでいいなと思っていました。その思いは今でも変わりません。

そのためには自分の評価を他人に委ねてはいけません。他人と比べてはいけません。比べるなら、昨日の自分と。あと人生のテンプレートに惑わされてもいけません。

老後2000万ないとだめだななんて、ひどい話です。まるで2000万ない人間は生きるなと言わんばかりです。子どもがいなければ、離婚はだめ、異性を愛さなければ、~しければ、~すべき、etc。

もう、そういうのはいらないです。

最低限の社会生活をしたら、あとは自分の自由にします。もう惑わされません。自分の好きを誰かに握らせたりはしません。

最近 赤い公園というバンドをよく聞いています。誰かが亡くなるというのはただただ、悲しいですね。

だから、まあ ゆるく生きてもいいのではないでしょうか?

凹んでも、寝てばかりでも、何もしなくても、できなくても、今日一日です。

時は残酷に1日を刻んでいきます。

たまには「あ~あ 今日は一日何もしなかった。ラッキー!」とかでいいのでは。

よい週末を。

+5