飽きた。

現金が下せるような状態では危険ですよ。と書こうとしてやめた。そんなことは十分わかっているだろうし、人に言われたからやるもんではなし、結局失敗して自分で気づくしかないから。

では、何を書こうかなと思って、まあ 自分の好きなことでも書こうと思った。自粛生活の中でさらに音楽、映画、小説に触れる機会が増えていった。百の説法よりも1つの映画を見た方がいい場合もある。

んで、「ボヘミアンラプソディー」である。アマプラに追加されたので、観てほしい。音楽と映画と回復が体感できる。まあ成功と薬物とマイノリティとこの手の映画は同じパターンなのだが、事実という部分が感動を呼ぶのだと思う。

「ロケットマン」もそうなのだが、必ずプロデューサーとできてしまう(笑)そういうもんなのか?まあ突っ込みどころもあるんだけど、それよりも音楽に震えるから、音楽ってすごいなあと思う。つくづくいろんな負を表現に昇華できる人はいいなあと思う。

あと成功者って必ず、薬物、アルコール、ギャンブル、女、に走るよねえ。もうそれは金持ちになったらしょうがないことなのかねえ。あ 俺もやってたわww。「金あって暇」がいいようで一番不幸という不条理よ。じゃあ 俺らは何のために成功を目指してるって話ですよねえ。

そういうことも手にしてみないとわからないし、失わないとわからないというのは非常に人間くさいし、ほんと失敗からしか学べないんだよね。生まれた時から仏のようであれば、生まれて来た意味すら疑うなあ。

ともかく「ボヘミアンラプソディー」を観てみてね。楽しいよ。

あまり、ギャンブルをやめることばかり考えていてもつまらない。楽しいことにも目を向けていかないとね。そのためには自分が「何をしている時に楽しいと感じる」のか知る必要がある。

まずは「自分を取り戻せ」である。

僕も昔、金に任せて3Pとかやったことあるけど、つまらなくて虚無感だけ残ったな(あ これいらなかったわwwと言いつつ削除はしない)

今日も賭けない一日を。

+2