ギャンブラーのためのサバイバル術~2~

さて、今日のポイントはキャッシュレス決済である。今はあらゆるところでキャッシュレス決済が導入されていて、困ることがない。もはや導入しないと店側が厳しいくらいの勢いだ。

これは朗報である。特にギャンブルの対象がパチンコ、スロットの場合であるが、なぜなら、現金がなければギャンブルができないからである。だから、僕等は極力現金を持たない工夫をする。ネットバンキングを利用し、キャッシュレス決済を利用する。

僕はこの2つを使い倒し、生活しているが、特に困ることはないな。まあ 現金でなければならないのはラーメン屋と病院くらいだけど、大したことではないし、いずれキャッシュレス決済になると思う。

ただ、あくまで、1つの手段にすぎない。当たり前だが、抜け道はある。キャッシュレスから出金する方法は存在するし、僕等は切羽詰まれば、現金を作り出せる。その辺は天才的なのだから。実によく頭が回る。

それでも、しないよりはマシである。現金を持って躊躇なくスリップするのとキャッシュレスで思いとどまるのは違う。

ただ、もちろんこれはパチンコ、スロットの場合で、公営ギャンブルのネット投票やオンラインカジノには無効である。あれはクレカで決済するか、口座に振り込んだりするから。

まあ もちろん ギャンブルをやめたい人がクレカを持っているなんてことはないと思うが、、、、。

はっきり言うが、クレカは借金だし、借金の入り口になる。いくらポイントがとか便利とかで安易に作らない方がいい。あっと言う間に借金をする。ほんとまじで。経験者なので。だから大手キャリアのクレカとかも絶対に作らない方がいい。絶対に。絶対に。

なので、オンライン系のカジノは違う対策が必要になるけど。究極は同じである。どんなに対策をしたところで、僕等はやろうと思えば突破できる。その自信がある(笑)。

ただ、どこかで防波堤は作っておかなければならない。そのためキャッシュレスに移行していく。最先端である。

ただ、いずれパチンコ業界もキャッシュレスに移行していく。間違いない。たぶんしばらくは業界間の問題でできないと思うけど、例えばプリペイドをキャッシュレスやクレカで買える時代が来る。

その前にギャンブルをやめる必要がある。

それは今だ。

もう一度言う

それは今だ。

あなたをギャンブルから救う魔法の言葉を教えましょう。自問してみてほしい。

「今、その扉を開ければ、また元の生活に戻りますが、それでもしますか?」

よい週末を。

+4