ギャンブルを始めたきっかけ~jyunipapaの場合~

高校三年の秋、就職先も決まり浮かれていた僕は、友達に誘われたのをきっかけに初めてのスロットを経験しました。

バイトもしていなかった僕は、当然スロットを打てるお金がなかったので、友達の出玉でたまに打たせてもらう程度でした。

しばらくして、どうしてもスロットが打ちたくなった僕は、友達からお金を借りるようになりました。

当時、ホールで大流行していたパチスロ北斗の拳が打ちたかったのです。

魅力はなんといっても、赤系演出からの2チェ(中段チェリー)。

そしてバトルボーナスの虜になっていました。

大きく勝つことはなかったのですが、どんどんスロットにハマっていきました。

就職後、実家を離れた僕は、スロット三昧の日々を過ごしました。

給料、ボーナスはすべてスロットに使いました。

友達や彼女ともそれなりに遊びましたが、そのほとんどがスロット中心の生活でした。

借金をし始めたのは、就職してから一年半程してからでした。

それまでキャッシングや消費者金融を知らなかった僕は、それらを知った時の衝撃はすごかったです。

「こんなに借りられるのか!無限にスロットが打てる!」

返済の不安は一切ありませんでした。

あったのは一つだけ。

「勝って返せばいいんだ」

それまで勝ってこなかったら借金をしてるのに、「ここから勝ち続ければ大丈夫」という到底ありえない妄想を膨らませていました。

そして、気付けば180万まで借金が膨れ上がっていました。

人生最大のどん底を味わった僕は、「このままではまずい」と思い、実家に帰る決意をしました。

実家暮らしでお金に余裕ができ、借金は完済しましたが、スロットはやめることはできませんでした。

それから5年後、また新たな借金生活が始まりました。

続きは⇒ jyunipapaさんのプロフィール へ

jyunipapaさん ありがとうございました!

0