きじとらさんの場合。

初めての借金から3ヶ月。

仕事はバリバリこなし、
給料は手取り30万くらい。

仕事の功績も認められ、
初めて契約社員になったのもこの頃。

年度末に差し掛かり、
別の支店の立て直しのため異動。

ちなみに私の性格を説明すると、

人一倍責任が強く
完璧主義

いわゆるマジメの代表格。

そして失敗すると
非常にへこむ」やっかいな性格。

バイトの時とは違い初めて数字や
成果達成のためのプロセスを求められ
慣れない仕事内容にどんどんストレスが。

数ヶ月後、上層部の失敗で突然、
会社が3ヶ月間の業務停止命令。

思い描く仕事への出来なさとストレスで
次第にまたギャンブルに向かうことに。

黙っていた借金も返せず、
あれよあれよとギャンブルを繰り返す。

まともにギャンブルが出来ると信じて。

前に比べ借金は−100万でしたが、
バレる日が訪れます。

たまたま流通系キャッシング会社から、
実家へ明細が届き発覚。

その日はいつも通り仕事帰りのスロット。

急に鳴り出すメールの着信音。

この明細はなんですか
早く帰ってきなさい

今までにない戦慄と焦り。

スロットを即座に辞め帰宅。

家の扉を開けて即刻土下座。

本当にすいませんでした!

とにかく早くお風呂に入りなさい
話はそれから

両親の冷静な一言。

今まで見たことのない目つき。

本当の他人行儀。

風呂を済ませ無言で人生2回目の家族会議。

話が進むに連れ、親父は男泣き。

前と大きく違っていたのは母の態度。

冷静にすべてを受け入れている様子。

やったことはしょうがない
次からどうするのか

もう貯金と解約出来る保険はな
どうするか決めて

もし次やったら一家離散だから

私はとにかく返事するだけ。

肝に銘じ二度とギャンブルしない
まともに生きる

その言葉に両親は一言。

明日から毎日千円で過ごしなさい

いかなる条件もつけない。
当然の所業。

翌日、父と一緒にATMに直行。

隠し借金も全て伝え即日、全額立替え返済。

暑い夏の日。

移動は買い替えすら出来ないボロボロの車。

車中は冷房で快適でしたが、
別の冷たい空気が覆っていた気がします。

無言。

一時間以上の無言。

家族がじんわりと崩壊していくイメージ。

もう次はない。

心を入れ替えねば。

でもギャンブルを堂々とやれない。

虚しさと後悔。

やりたいことがやれない歯がゆさ。

次はもう迷惑をかけない、大丈夫。

根拠のない自信が脳内で錯綜していました。

お気づきの通りここで初めて
ギャンブル禁止令」と
強制的な金銭管理」。

ここまでしてもまた同じことを
何度も何度も繰り返していきます。

続きはきじとらblogにて

きじとらさんは最近お子さんが生まれました!

おめでとうございます!掲載の許可あざーす!

1+