ボヘミアンラプソディーを見た。

映画 小説 音楽など

たまたまラジオでいいよっていたので、どうしても見たくなってネットレンタルで見た。

先にエルトンジョンの「ロケットマン」を見ていたから、同じような話なんだなあ。とは思っていたので、それほどではなかった。

音楽、成功、マイノリティー、ドラック、アルコール、復活みたいな流れ。

そして、プロデューサー的な男の人にキスされるのは定番(笑)。

なんだかんだ言って、よくあるストーリーだなとは思ってみていたが、最後のライブは泣いてしまっていた。やはり音楽の力はすごいのだなあと思った。

We are the champion!の歌詞と音楽には誰もが感情移入するだろう。あなたがマイノリティーでなくても。 

0
タイトルとURLをコピーしました