なつこさんの場合。

21~22歳くらいのときかなー。

毎月、毎月、給料のほぼすべてをパチスロに注ぎ込んでいました。

勝つときもあれば、負けるときも。

当月の生活費を使い込むほど大負けしたときは、キャッシングでなんとかしのいでいました。

けどある日、とうとうキャッシングができなくなってしまいます。限度額いっぱいまで借りちゃったんですね。

「これはまずい」と思って無人契約機に出向き、増枠申し込みをするも当然のように否決。

そうすると新しいサラ金と契約しよう、となるのですが、どこを申し込んでもダメ。審査通らず。

この時は総量規制のことを知らなかったのですが、おそらく総量規制が原因だったと思う。

あとは利用状況も悪かっただろうな。1日のうち何度も数万円を借りたこともあったし。

どこからも借りられない、借金ができないとわかった次に出た行動は、親へのお金の無心でした。

なつこの実家にはおばあちゃんがいました。なつこの両親共働きだったのでほぼほぼおばあちゃんに育てられていました。

学生時代、お小遣いをくれるのもおばあちゃんでしたね。

当時は母親の医療費や父親の任意整理で、家計が危なかったということもあり、あまりお金を借りることはしたくありませんでした。

だからキャッシングを頼りにしていました。

ですがどこからも借金ができないと分かった以上、頼るのは身内しかありませんでした。

でも、おばあちゃんにも、父親にも断られてしまいました(母はすでに他界)。

タバコを買うお金もなければ、通勤定期を買うお金もない。

10年前ってクレジットカードで定期券を購入できなかったので、なんとかして現金を用意しなければなりません。

「どうにかしてすぐ現金を用意しなければ」

そうして思いついたのが、手持ちの金目のものを売ることです。

服を売ることも考えたのですが、当時はネットで売ると言ったらモバオクかヤフオクでした笑

なかなか売れませんでしたねー。

ってなると、一番早く現金化しやすいのが質屋。

頑張って(リボ払いで)買ったシャネルのカバンは使いやすいし、見栄も張れるお気に入りだったのですが、泣く泣く質屋に入れることにしました。

10万円近くで買ったシャネルのカバン。質屋に持って行って提示された金額は3万円でした。

しかも、このときまだ購入時のリボ払いが残っていたと思います…w

本当に、なにやってんだろーーーーーって思いましたね。

一緒にシャネルの財布も売ろうとしたのですが、これは4千円くらいにしかならないと言われて、止めておきました。

生活費のために売ったシャネルのカバン。

そうして手に入れた3万円。

即、パチスロで消えました。

~~~~引用終わり~~~~~~~~~~~~

続きは⇒夫婦で債務整理!無計画主婦が毎月12万円返済するブログ

債務整理についても詳しく書いています

最近は完済して、御家も購入しています!

いつもお世話になっておりまする!

+2