お金の価値。

普段、スマホでやほおのトピック記事をよく読む。最近気になった記事に芸人のヒロシさんの記事があった。ヒロシさんの記事はこちら。 非常に印象に残っていたので記憶に残っていた。その中で印象的だったのは「お金はすべてじゃないけど、お金がないときにはすべてである」みたいなことだった。

まあ、その通りで、お金がすべてじゃないことなんてことは誰もが感じている。だけど生活するお金すらない状況の人にとっては「お金がすべて」である。また、浪費した経験から、浪費は見栄であるという考えも興味深い。

お金の使い方とか価値観とかはきちんと学ぶべきだと思う。もちろん学校では教えてくれない。例えばどう稼ぐかではなく、どう使うかとか、お金は人を幸せにするかとか、何のためにお金を稼ぐのかとか考えた方がいい。

誰しもが一度はお金について考える機会があるだろう。その時にきちんとお金に対するスタンスを決めておかないと、簡単に踊らされてしまう。「投資しなければいけない」とか「年収いくらなら結婚できるとか」「老後2000万必要だ」とか。

そういうことではない。自分が何にお金を使いたいのか、きちんと考える必要がある。僕は今もだが、お金にとらわれている。年収いくらじゃないと幸せになれないと結構思っていた時期もある。でも若い頃、派遣の仕事で手取り15万くらいの生活をしていたが、それなりに家族も持って幸せそうが奴がいっぱいいた。まあ本当に幸せかどうかはわからないが。

その幸せの基準は人それぞれである。家族と一緒にいるのがいい人もいるし、旅をするのが好きな人もいるし、文章を書くのが好きな人もいる。部屋で文章を書くのが好きな人に、「旅行っていいよね」と言っても価値観が違うのだ。

問題は自分がどんな時に「心地いいのか」を知っているかということだと思う。それを知るためにこれからも頑張っていきたい。

0