「金がすべて」と豪語する若者に感じる違和感と矛盾。

たまたま会社でテレビを見ていたら

犯罪を犯した若者が犯罪前の動画の中で

「金がすべてじゃん 当たり前」と豪語していた

そして金にまつわる犯罪で逮捕された

もちろんその動画は逮捕後にマスコミで流れたものだが

僕はそれを見てぞわっとしてしまった

「若いな」と思ったの同時に、自分も若い頃そんな考えをしていたからだ

社会で認められず、愛も得られず、そんな鬱屈した若者は金ですべてを叶えるしかないのだ

だけどこの「金がすべて」という考えは馬鹿にできない

どんな大人だって

「金が大事」なことに異論はないだろうし

中には「金がすべて」に同意する人もいるだろう

僕もそうだし、僕のモラルある会社の同僚の女性でさえ

「黙ってお金が入らないかなあ」なんて夢想していて驚いたものだ

それくらい「金」の力は強いのである

「お金がすべてじゃないよね}と言えるのは

ある程度「お金を持っている人たち」である。

だけど誰しもが「お金がすべてだよね」と豪語する若者に違和感を感じてしまう

僕も「お金はすべてではないけど、必要条件ではある」

と思う

「お金はあるに越したことはないけど、それだけではない」くらいかなあ

実は僕にも若い頃、無駄にお金があった時代もあった

だけどロクな生活をしてなかったし

自己中で目も当てられなかった

だからこそ ま ほどほどでいいのだ

今 2億あったら 狂ってしまってたぶん野垂れ死ぬだろうなあ

良かった良かった(笑)

今日も賭けない一日を。

あなたの悩みを聞きます あなたの悩みを聞かせてください