メメント・モリ

桜の季節となった。

風景はいろんなことを思い出させてくれる。

あの時は独りで観たなあとか。

あの時は誰かと一緒だったなあとか。

去年は芦野公園行ったなあとかとか。

また桜は厳しい冬を乗り越えて

「やっと春が来たか」という感慨深いものがある

時々、美しさと儚さに涙してしまうこともある

どんな嫌なことがあろうと

どんなに悲しいことがあろうと

花は咲き、やがて散り、いのちは輪廻する。

そして僕らもその一部である。

今日も賭けない一日を。

+1