3年目の真実。

大そうなタイトルにしたが大した内容ではない。

3年前、先行く仲間達に僕はネットで出会った。

彼らは口々に言った。

「ギャンブル辞められないのは生きづらさがあるからだよねえ」と。

「生きづらさ?」

正直に言えば、よくわからなかった。

「生きづらさ」の意味するところが。

そもそも「生きづらさ」を感じていなかった。

なぜなら「生きづらい」ことが普通だったから。

それ以外の世界があるなどと考えたことがなかった。

だから、先行く仲間の話の意味がわからなかった。

でも、みんな口々に言っていた。

「無力だよねえ」「プログラムってすごいよね」

そういう話がいろんなところで交わされていた。

僕は最初違和感を感じていたが、ギャンブルをやめるためには通るしかなかった。

そう、僕にとってはギャンブルをやめるための「回復のプログラム」だった。

それを手渡されている最中でも僕にとっては「ギャンブルをやめるため」であり、スポンサーにとっては「生きづらさ」を減らすためであった。

手渡されてる最中であっても僕は「は?」「なにが?」と思うことは多々あった。

でも、ギャンブルをやめるためには飲み込むしかないと思っていた。

ステップが終わる頃にはだんだんと意味がわかるようになっていった。

そして3年経つ今では僕が「無力だよねえ」「プログラムってすごいよねえ」と言い出している。(笑)。

プログラムをやっていなかったら、ここにいないと思う。

人と比べて、人を変えようとして、自滅して、支援もなにも理解もできず、独りだったと思う。

本当に良かったと心から思う。

僕自身は自助グループに通うだけではどうにもならなかった。

もちろん、入口にはなったし、自助グループだけでやめている仲間もいる。

でも、12ステップは生きていくツールとして学ぶことに損はないし、必ず変えてくれる。

そして、僕をここまで連れてきてくれた。

時を経るごとに自分が変わっていくのがわかる。

ありがたいことだ。

今日も賭けない一日を。

+5