【コラム】TIME IS 。。。

3.11の話を書こうとして記憶を探っていたら、結構な記憶違いをしていたことに気付き茫然とした。

11年前の3月11日、僕は埼玉で被災した。

老人保健施設で働いていて、会社の借り上げアパートに住んでいた。

それが38歳。

記憶では、埼玉にいたのは35歳くらいだったと思ったが、いろいろと辻褄が合わなくなっていたのできとんと思い出したら、38歳の頃は埼玉に住んでいた。

その日、僕は夜勤明けで寝ていた。

寝ている間に地震が起き、夕方施設に行って、その夜は水道も電気も止まった中でオムツ交換をした。

その日からしばらく信号機は時間で動いたり、インフラが止まったりした。

青森の家族は無事だったし、仙台に出張に行っていた幼馴染も無事だった。

11年経った今、いろんな人の記事を読んでいると、一口に「被災」と言っても人それぞれだし、福島と僕らでは受け止め方が違うのかもしれない。

その時、膨大な情報が飛び交った。

たぶん僕は前の垢でTwitterをやっていたし、いろいろなことを呼びかけるツイートも目にした。

11年。

なんというか。

時ってすげえなと思う。

決して逆には動かない。

そして確実に時は進む。

あなたは11年前、何をしていただろうか。

そして11年前のあなたはいまのあなたを想像できただろうか?

そう思うと僕の場合は

「こうなりたい」と思ったことは何1つ実現していない気もする。

その場、その時で、こうしようああしようと思ったことをやってきた。

しかも何となくやってきた。

流れるようにやってきて、今ここに流れ着いている。

そんなイメージである。

僕の場合は。である。

だから何を言いたいわけではないし、タラればを言いたいわけではない。

そういう時いつも僕は「時の流れ」の広大さを感じてしまう。

そして、少し感動してしまう。

個人なんてちっぽけだと思うし、だからこそ小さな幸せを大事にしていきたい。

今日も賭けない一日を。

+2