ギャンブラーのためのお金講座④

ギャンブラーにとってまず考えるべきことは「支払うべきお金」である。

これを把握していないとまずい。

どういうものがこれにあたるかというと

「家賃」「光熱費」「返済」「食費」「ガソリン代」「病院代」などなど、人によって違うが「支払うべきお金」に変わりはない。

特に「病院代」や「ガソリン代」はその時になければ困ってしまう。

僕もよくガソリン代をギャンブルで使ってしまって本などを売って調達したことがあるし、歩いて会社まで行ったこともある。

なので最初からガソリン代はよけておくべきである。

また「病院代」も少しは残しておかないといざ皮膚科に急にかかりたいときにお金がないなんてことになる。

「病院代」が払えなくて我慢するなんてことはギャンブラーあるあるだと思う。

「食費」も1か月分きちんとよけておかないと給料日前にふりかけご飯になる(笑)。

まずは「支払うべきお金」をきちんと支払い、「最低限の生活」をしていくのが

ギャンブラーのためのお金の使い方である。

そもそもそれができなければ貯金もくそもない。

「支払うべきお金」をきちんと支払って、残りのお金で生活する。

当たり前のことである。

僕は45年間できなかったけどね(笑)。

やっと訓練して最近できるようになりました!

そのためにはまずは「ギャンブルを辞め続けること」が必須条件になっていく。

つまり、そのためには「お金の管理」が大事になっていく。

そしt、ギャンブラーにとっては「どう使えなくするか」が大きなテーマになっていく。

それは次回にしよう。

今日も賭けない一日を。

世界一やさしい依存症入門 やめられないのは誰かのせい? (14歳の世渡り術) [ 松本 俊彦 ]

+3