ギャンブルをやめて気づいたこと。

それは「頭の使い方」である。

ギャンブルをしていた時、寝ても覚めても、仕事中でも、恋愛中でも、子供と遊んでいても、ギャンブルのことを考えていた。

「あの台は今ごろ出ているだろうか?」

「どうやって金を工面しようか」

そんなことばかり考えていた。

思考の9割をギャンブルが占めていた。

今、ギャンブルをやめてみて、「頭が豊かになった」

言ってみれば「ストレージが空いた」気分である。

ギャンブル以外のことを考えるようになった。

つまり、頭を占めていたギャンブルに関することの9割がなくなった。

代わりに仕事や恋愛、お金、資格、映画、音楽、小説、そんなことをゆったりと考えることができる。

こんなにも脳というのは働くのだと最近は驚愕している。

ギャンブル脳は可能性を潰す。

ギャンブル脳は才能を潰す。

ギャンブル脳はあなたの人格を食いつぶしていく。

考えてみればわかる。

あなたがギャンブルをしている時、誰かは勉強をしている。

あなたがギャンブルをしている時、誰かは家事をしている。

あなたがギャンブルをしている時、誰かは恋人に会いに行っている。

そんなことを想像してみてほしい。

損しかないのだ。

でも、でもだ。

依存しなければ、生き延びられない時もある。本当に。

それにすがらなければ、孤独で、明日さえもままならない時もある。

そんな時は、仕方ないと思う。

味わうしかない。

こんな時もあると苦く、じりじりと鉛のような感情を味わい、やがて希望を見つけるまで、悔し涙を流すしかない。

それはきっともっと優しくなるための過程。

それはもっと強くなるための経験。

それはもっと、もっと未来のあなたのための準備。

だから、大丈夫。

今日も賭けない一日を。

+1