ギャンブラーのためのお金講座③

3回目の今日は「収入内で生活する」です。

当たり前ですが、みなさん自分の収入内で生活しています。

それを超えてしまうと借金ということにあるので、まずは「収入内で生活する」ことを基本に考えましょう。

まずは毎月の家計です。

みなさん、毎月どれくらい自由になるお金があるか把握していますか?

こういうことを言うと大抵のギャンブラーは

「そんなのわからないくても何とか生活できてるし」とか

「欲しいものも買えないで何が人生だ」とか言い出す人がいますが、それで生活が苦しくなるのであれば見直すべきです。

家計簿をつけるかつけないかという永遠の議論はありますが、僕としては「収入内で生活できている」のであれば特につけなくてもいいと思います。

ただ、僕のように

「今月自由になるのは3万だな。よし頑張ろう!」

1週間後

「もう1万しかない!何に使ったんだ?」

という人は支出を把握した方がいいと思います。

「何に使ったかわからない」という状態は非常に危険です。

僕も非常によくあり、「ま、いっか」となります。(笑)

それでも、月末我慢して帳尻を合わせられるならいいと思います。

ただ、それを貯蓄で補てんしたり、借金をするようであれば見直してください。

「自由に使えるお金」とは「流動費」になります。

「流動費」とは「収入」-「固定費」です。

「固定費」とは家賃、光熱費、食費、携帯代、返済など毎月支払わなければいけないお金です。

「収入」-「固定費」=「流動費」になります。

あなたの「流動費」使えるお金はどれくらいでしょうか?

まずはこれを把握してください。

使えるお金が3万しかないのに、5万を使ったら赤字になります。当たり前です。

ところが僕らはこの辺ができません。

細かくできるようになる必要はありません。

「毎月いくらくらい使えるのか」

そして

「毎月いくらあれば生活できるのか?」

一度考えてみてはいかがでしょうか?

僕もこういうのが全然だめでした。

今もだめだと思います。でも訓練と学習しています。

お金を知るのは自分を守ることになります。

そしてギャンブルを見直すことにもなります。

昔の僕の家計簿は給料の3日後に

使途不明金 5万円 と計上していました(笑)。

もちろん、ギャンブルです。

だから、考えたくなかったのです、家計なんて(笑)。

今は違います。

ギャンブルをするお金は1円もありません。

子供に来年のランドセルを買わなければいけませんから。

今日も賭けない一日を。

+1