【コラム】ライフイズビューティフル。

先日高校の恩師と話していて、僕はつい「青森には何もねえよ」と言ってしまった。

恩師は「いやいやそんなことないよ」と確信をもって話していたが

高校時代恩師は「青森は秘境である」と話していたのに影響を受けたとは、僕は優しいので言わなかった(笑)。

そもそも僕らの世代は「青森には何もない」と刷り込まれて育った。

挙句の果てに吉さんは「こんな村いやだ~東京さ行くだあ」とトップテンで歌っていた。

僕らは刷り込まれてきた。

「都会に出なければいけない」と。

まあ、昔の話だ。

恩師だってそういうつもりで言っていたわけではない。

今や田舎だって有名になれるし、漫画家にもなれるし、ミュージシャンもお笑い芸人もいる。

やり方なんてググれば出てくる。

もはや情報という意味においては都会も田舎も関係ない。

書きながら思い出していた。

僕は地元だけではなく世界を拒絶していたことに。

そう、僕は世界を拒絶していた。

世界のシステムとかそういうことに。。。。

いや、あらゆることを嫌っていた。

何もかも。

今振り返ってみた「なぜ世界を拒絶していたのだろうか?」と

答えは簡単だった

「自分を拒絶していたから。」

「自分を許していなかったら。」である。

世界は自分であり、自分は世界であった。

今は割と「自分を許せている」。

するとどうだろう。

世界は色を帯び、温かみを帯びる。

色彩にあふれ、いのちを素晴らしいと感じることができるようになった。

ここまで47年。

まだまだ楽しめそうだ。

世界に許されたら、やりたいことは割と簡単にできる。

世界は自分。自分は世界。

僕の生きるヒントは「自分を許すこと」だった。

今日も賭けない一日を。

+2