寂しさの取扱説明書。

少し前、依存症界隈のTwitter内で「結局 寂しいんだよね」という言葉が流行っていたことがあった。

この「寂しさ」というのはどうも依存症の要因になっていると思う。

では「寂しさ」はどうすればいいのか?を考えてみたい。

実は誰だって「寂しさ」を感じることはあると思う。

家族がいても、恋人がいても、子供といても、同じ空間に誰かといてもである。

雑踏の中では余計寂しさを感じてしまうということもあるだろう。

では、どうしたらいいか。考えてみたい。

誰かといる。または誰かと話す。

まず、1つ目の対処法は「誰かと話す。誰かといる。」ということである。

だが、これは「誰か」がいなくてはいけないし、「誰か」と話せなければいけない。

誰でもいいわけではないだろうし、「誰か」にも用事があったりする。

そういうのが得意でない場合もある。

僕はメンタルがきつかった時はよく「いのちの電話」にかけていたなあ。

「あのう、死にたいんです」

いやあ 病んでましたねえ。

ま、それほどでもなければ誰かにLINEしてもいいだろうし、今ならTwitterならスペースという機能もあるし、キャスを聞くこともいいと思う。

そういうものがない昔ならラジオだったかもしれないし、音楽を聴いたかもしれない。

でも、1つ問題があって、「誰か」に頼ってしまうと「誰か」がいないと解消できないことになる。

24時間「誰か」がいて、24時間「誰か」と話せればいいが、それは不可能である。

だから、時と状況に応じていろんなツールを利用すればいいと思う。

自分の世界に逃げ込む

僕はそういう時は映画に逃げ込むかなあ。アマゾンプライムをよく見る。

ただし、2時間も耐えられないメンタルの時もある。

そんな時にyoutubeの「お笑い動画」を見る。

それで笑えない時はなかり重症だと思う。

寝逃げ

寝逃げもいい手である。

「寂しさ」の感情にフォーカスしていくと、ますますフォーカスしていくので、なるべく「ずらすこと」である。

好きなアニメを見たり、好きな音楽聴いたり、それでも難しい場合は寝る!!

起きたら少しはましになっているかもしれないから。

いろいろとあげてきたが、「寂しさ」という感情はやっかいだし、人それぞれ対処法は違うと思う。

でも僕は悪い感情ではないと思っている。

「寂しい」から恋愛をするんだろうし、「寂しい」から何とかしようと思うのだと思っている。

だとすれば防衛本能かもしれない。

僕も20代~30代は「友達がいない」と悩んでいた。

まあ 「友達の定義」という問題もあるのだが、「友達の定義」だって人それぞれだ。

誰もが、毎週飲みに行くのが友達ではないし、いつも話しているのが友達ではないと思う。

そう思えたら楽になった。

今は普通にLINEするくらいの友達なら多くはないがいるし、会う友達はまあたまにいればいい。

それで特に困らないし、しょうがないことはしょうがないと思っているから。

僕の場合

「Rさんは読子さんがいるからいいですね」と言われることもある。

確かに僕の中では読子さんは大きいし、毎夜毎夜話している。

でも、出会う前は僕だって一人でつまらない生活をしていた。

独りでご飯をたべ、独りで本を読んり、独りで週末を過ごしたり。

SNSで誰かにちょっかいを出していたこともあったと思う。

今のその人の状況は人それぞれだし、それぞれの処方箋があると思う。

でもまあ もがくしかないかなあ。

いつか心が軽くなる日が来ますように。

今日も賭けない一日をありがとうございました!

+2