Z氏の憂鬱。

Z氏「Rさん 僕ギャンブル依存症だと思うですよね。どうしたら辞められますか?」

R「そうですね。まずは医療機関や自助グループに参加してみてはいかがでしょうか」

Z氏「へえ、相談するところがあるんですね」

R「結構ありますよ。お住まいの地域で探してみてくださいね。」

Z氏「でも、自分でやめることはできませんか?」

R「できるかもしれませんが、ギャンブル依存症は病気なので、専門の場所に繋がった方がいいですね。」

Z氏「でも、やめようと思えばやめられるんじゃないですか?」

R「う~ん、難しいでしょうね。今まで辞めれなかったんでしょうから。糖尿病の人は自分で治そうとするでしょうか?病院に行って、薬をもらいますよね。それと同じですが。」

Z氏「ギャンブルをやめるためなら何でもやってみたいのですが、自助グループとはどんなとこでいつやってるんですか?」

R「同じ仲間同士が知恵と経験を分かち合って、少しずつ回復していくグループになります。地域によって日時は違いますし、調べてみてくださいね」

Z氏「でも、仕事の都合で僕の地域の日時には合わないようです。」

R「今はオンラインミーテングも盛んですし、きっと合う場所もありますよ」

Z氏「でも、金曜日は仕事なんです」

R「平日にオンラインミーテングやっているところもありますよ」

Z氏「そうですか。探してみますね。でも、オンラインミーテングって何だか恥ずかしくて。」

R「みなさん最初はそうですよ。最初の1歩は勇気が必要です。」

Z氏「もう少し自分なりに頑張ってみますね。ありがとうございました!」

それからZ氏の消息はわからなくなった。どこかで何かに繋がってくれていればいいのだが。

追記

思いのほか反響があったので追記。

1,Z氏とは特定の誰かを指すものではありません。あしからず。

2,言いたいことは「やる気がない」とかではなく、最後の1文「どこかに繋がってくれたらいいなあ」です。受診や自助グループを強制するものではありません。

3,1,2など自分なりに誰も傷つかないよう配慮する自分が嫌い(笑)

以上です。(笑)

+1