人はなぜ依存症になるのか?

まずは松本先生のコラムから

⇒コラム「人はなぜ依存症になるのか」

この考え方は非常に好きですね

特にこの部分

~引用部分~

これらのことは、依存症患者さんにとって、少なくともある時期まではアルコールや薬物を用いることにメリットがあったことを示唆します。いいかえれば、アルコールや薬物は、いわば「松葉杖」となって彼らの生きづらさを補い、助けてくれていた可能性があるのです。
ですから、アルコールや薬物を手放すことは、彼らにとって文字通り「松葉杖」を失うことであり、これまで目を背けてきた生きづらさと直面することになります。

~引用部分終わり~

「生きるための松葉杖」なんて適格で素敵な表現なんでしょうか。

そうなんです。僕らは「依存しなければ生き延びてこれなかった」可能性すらあるのです。

さて、ではどうしたらいいのでしょうか?

⇒うわべだけ止まってもいきづらい

⇒「回復」とはどうなること?

~引用部分~

しかし、「回復」とは誰かと比べて評価するものでもありません。もし、その人が以前より少しでも楽に生きられるようになったと感じ、そのことを喜べるのなら、それはその人にとっての「回復」です。あなたの「回復」は、あなたが決めていいのです。

~引用部分終わり~

あなたの「回復」は、あなたが決めていいのです。

専門家がこう言ってくださるのは本当に希望だと思います。

スリップしないだけが「回復」でもないし、スリップしたから「回復」じゃないわけではないのですね。

しかし、本当に良いサイトなので何度も読んでください。

きっと勇気づけられると思います。

⇒これって”依存症”?やめたいのにやめられないあなたへ

今日も賭けない一日をありがとうございました!!

+2