自助グループのいいところは「依存症あるある」?

オンラインミーティングの雑談の時に「あなたにとっての自助グループのいいところ」という話をしていた。ある仲間が「依存症あるあるですね」と言い、なるほどなと共感してしまいました。

「依存症あるある」とは

例えば

「いやあ あの馬、1番人気だったのに全然来なくて、またお金借りに行っちゃったよなあ」とか

「朝一から2万突っ込んで1回もペカらなかったなあ」とか

「いつも靴買おうと思っているんだけど、ギャンブルで勝ってから思っているから全く買えない(笑)」

とかいう話に

「あ~~~~~わかる~~~」で浄化されていくのである。

おそらくこれが共感の力であり、自助グループの効果でもある。

「共感すること、されること」によって「自分だけじゃないんだ」「ギャンブルでおかしくなるのは自分独りではないんだ」と少しだけ孤独が和らぐことでまた明日も生きていける。そんなところですね。

むしろ、それだけです(笑)

また「また辞めれなかったです」とか「またやってしまいました、なんででしょうね」なんて話にも

「いや~~~~~自分もそうだなったなあ」と思ってもらえたら、どんなに楽でしょうか。

僕は何度も救われてきましたね。

「共感」の力 あなたも機会があればぜひ。

今日も賭けない一日を。

+3