虚無虚無君との付き合い方。

虚無虚無君とも30年の付き合いになる。最初は大変だったなあ。こめかみにピストルをつきつけて現れたから。泣いてたっけね。「もうこんな世の中意味ないんだよ」そう言ってたっけ?最近は大人しいけど。なぜか最近は手話になったよねえ。

あ、そう、構ってほしいのね。仕方ないなあ。準備するから。

そう言うと僕は深呼吸してダイブする。

目を開けた時にはヘルメットを手にして、セブンスターを吸っている。横にはハルヤマのHONDA 400four

僕タバコを捨てて、彼に声をかける

「さて、行きますか?しっかりつかまってて振り落とされないようにね」

彼はブンブンうなずき、嬉しそうな顔をする。

僕はfourを跨いで、彼を後ろに乗せる。

スタンドを外して、右手でクラッチを握る。半クラして、シフトダウンし、1速に入れる。

ヘッドホンは今日はドラゴンアッシュで

「GO」とつぶやいて、クラッチを緩める。

鉄馬は走りだし、数秒で僕は再びクラッチを握り、左足でシフトアップし2速に入れる。

3速、4速、5速、身体が加速に置いていかれそうになる。

後ろの彼は僕にしがみついている。それでいい。

高速に乗ってから、120Kmを超す。

周りの景色をどんどん追い抜いていく。

僕は後ろの彼に叫ぶ。

「どうだい?生きてる気分は?」

彼は満足そうにうなずく。

そして僕らは朝まで走る。

僕らの命を揺らしながら。

ゆらゆらゆらゆら

揺らしながら。

夜明けの向こうを目指して走り続ける。

+5