お金が増えるかもという幻想。

僕の中でのスリップの要因、第一位は「お金が増えるかもという幻想」である。例えば、今1万円しか持っていないとする。そこでよこしまな考えが頭に浮かんでくる。「これをジャグラーに突っ込めば8千円くらいでペカって、ジャグ連して、まあビッグ3回もすれば3万になって、今月、楽できるなあ」とうアホな考えに支配されるのである。

断言して言おう。ギャンブラーが勝ったお金を有意義に使うなんてことはありえないし、そもそも、お金が増えるというのは幻想である。ということだ。

僕は実際に上記のような場面に出くわしたことがある。手元に1万円くらい、実際にジャグラー打てば、生活楽になるなあと思って、ジャグラーに金を突っ込んだ。しかも7千円くらいでペカった。ジャグ連こそしなかったものの、ビック3回で3万くらいにはなったと思う。

それでどうなったか?「よし、これでいいもんでも食おう」と僕は昼過ぎに換金しに行った。たぶん3万くらいにはなっただろう。それからの行動である。

何を思ったのか、もう一度店内に入ったのである。もうおわかりだろう。僕はこう思った「この3万を元手に5万にしたい」と。そしてバジリスク絆に座って、見事に3万をスッてしまったのである。これぞ、THE ギャンブラーである。笑うしかない。

そう、ギャンブラーは勝った金を元手にさらに賭ける。そういう生き物である。それで最後には勝ち負けなんてどうでもよくなったりする。完全に依存症である。

「いや、僕ならうまく立ち回れる」そういう人もいるだろう。そういう人は勝手にやってくださいというだけで。僕は無理だ。という話だけだ。うまくやるつもりもないし、そもそもできない。向いてないのだ。まあ 向いてる、向いてないって議論もどうかと思うが、ノーリミットである。

だから、ギャンブラーにとって「お金が増えるかもしれないという幻想」をまず打ち砕かなければいけない。これは結構難しい。勝ったことあるからね。でもギャンブルをしている限り、勝ちはない。これは真実である。

それでも僕らは賭けてしまう。不思議だよねえ。そういう時は一度考えてみた方がいい。「自分はなんのために賭けているのか?」と。

僕だって、昨日もいつも行っていたホームのパチ屋の前を車で通った。たまたま駐車場に車を入れなかった。それだけの話である。やめれなかったときは行きたくないと思いながら、ハンドルを切っていた。もうとりつかれていたとしか思えないし、スリップするかしないかはそれくらいの違いしかない。

僕らはスリップの痛みを忘れる。だから繰り返す。だから自助グループや仲間が必要なんだと思う。最近やっとわかってきた。45歳で気づけて良かったと思う。今日も賭けない一日を。

+4