Rの詩

僕はあなたの苦しみや悲しみを代わってあげることができない

ただただ、祈るだけ。

その苦しみや悲しみはもしかしたら僕にも起きたことかもしれない

そう思うと

まるで、僕のように感じられる。