小説について

山田宗樹さんの「百年法」を読んだ。最近、山田さんの小説にはまっている。小説の世界なのに素晴らしく世界が構築されていて、思わずその世界に入り込んでしまう。

 

タイトルに惹かれて読んだが正解だった。政治 ...

小説について

文章を書くのが好きです。この前、仕事で同僚によくメモを渡していたら、「ちゃんと話した方がいいよ」とアドバイスをもらいました。その時僕が言ったのは「話すのは得意ではないのだ、だからメモした方がきちんと伝わると思って」というものだった。

小説について

長い小説を読み終えた。読み始めたころはそれほどでもなかったが、終わりころは引き込まれていた。読み終えた後、その世界は終わった。

 

小説も映画も音楽も1つの世界であると思う。僕らは世界を体験し、味わい ...