ソーシャル・ネットワーク を観た。

事実とは異なるのだろうが映画として楽しく観た。一人の天才プログラマーが世界を変えたのだから。そして、今僕らはSNSサービスなしには生活できないくらいになっている。

実際のザッカーバークとは違うのだろうけど、天才だが変わっているなという感じの青年であった。もちろん映画の設定であるが。

初期のブログやSNSにおいても誹謗中傷が問題になっていたことは興味深い。何にしても僕らの世界を変えてしまった。いい意味でも、悪い意味でも。

+1