幼い頃のトラウマ。。。

幼い頃、僕はよく泣いていた。

小学生の僕はよく学級委員長に推薦されやりたくなかったが、断ることもできず嫌々やっていた。

当時から僕は先生の言うことをよく聞く子供だったし、断ることができない性格だったので、押しつけられる役割はしぶしぶやっていた。

その日も学級会の実行委員を決める時にクラスで揉めて、僕は放課後教室の隅で一人泣いていた。

その時、僕の同級生のM君が僕に声をかけてくれた。

その言葉を僕は一生忘れないだろう。

M君は泣いている僕の肩に手をかけ、はっきりとした口調で僕に話しかけた。

「騙し通せると思うなよ!!赤影!!」

僕はM君の顔を見つめにやりと笑った。

「なにやつ!!わしの変装を見破るとは!!」

「忍法 隠し玉!!」

M君は手から隠し玉を地面に叩きつけ、その場から煙が上がった。

「何を!忍法火炎の術!!」

僕も負けずに火炎の術で応戦する。

僕らは屋上で互いの距離をつめる。

足元には火柱が立ち上がっている。

僕は遠くから走ってきた忍者犬の伊賀丸に叫んだ!!

「伊賀丸!行くんだ!!」

「わんわん!わかったワン!」

伊賀丸は砂を蹴り上げ弾幕を作った。

「さらばじゃ!!」

「くそ!逃がしはせんぞ!!」

こうして第4次忍者大戦は始まったのである。

0