堕落論。

堕落論。とは坂口安吾の「堕落論」ではない。なんとなくギャンブル依存症を「堕落論」的に書いてみたくなった。「堕落論」はまだ読んでいないが。

ギャンブルをしていた頃、

「どうでもよかった」

「何が?」

「すべてが」

そう「どうでもよかった」のだ。

自分なんぞ、信じられなかったし、生きていても仕方ないと思ってギャンブルをしていた。

サラ金の金を握りしめて「堕ちればいい」と呪っていた。一種の「自傷行為」だったと思う。

「ギャンブルをやめたいのにやめられない」しかも、どうしてもやめられない。それに伴い、借金、嘘、家庭崩壊、横領、盗み。そんなことはクズのすることだと思っていた。

それでもやめられなかった。

だから、僕は「命をゆらしていた」

「この金を賭けてなくなったら、今月生きていけないなあ」と感じながら、スロットにコインを入れ続けた。

ゆらゆら、ゆらゆら、命をゆらしていた。

「どうせ、また一文なしになって、嗚咽を漏らし、咆哮し、死にたくなり、手首を切るのだ」そんなことはわかっていた。わかっていて賭けていた。まるでそうしたいかのように。

ゆらゆら、ゆらゆら、命をゆらしていた。

ゆらゆら、ゆらゆら、命をゆらしていた。

ゆらゆら、ゆらゆら、命をゆらしていた。

まるで、その不安定で不完全な状況がなければ生きていけないかのように。

「僕はこんなに欠陥がある人間で、心に穴のある人間で、社会に適応できなくてどうしようもないんだよ。愛される資格なんてないんだよ!」

ゆらゆら、ゆらゆら、命をゆらしていた。

ゆらゆら、ゆらゆら、命をゆらしていた。

ゆらゆら、ゆらゆら、命をゆらしていた。

今はもう命をゆらすことはなくなったけど、時々胸が疼いてしまう。

「キミハ、モウ、イノチヲユラサクテモイイノカイ?」

「ボクハ、モウダイジョウブダヨ、アリガトウ」

今日も賭けない一日をありがとうございました。

+2