断ギャンブルをゆるく続ける方法。

この記事ブクマしてねww。さて、今年もあと3時間ですかね。そして多くの人が明日「今年の抱負」とか立てるんでしょうなあ。また1月1日というのはいろんなことを始めやすいタイミングでもあるので、これを機に「ギャンブルをやめよう!」と決意する人も多いでしょう。

「ギャンブルをやめるコツ」を書いて今年は終わりたいと思います。

それは「いかに続けるか」に限ります。この「続ける」という意味は「失敗しないで続ける」という意味ではなく、「あきらめないで続ける」という意味です。

それくらい「ギャンブルをやめる」というのは難しいからです。あなたが思っている以上にです。明日「今年こそはギャンブルをやめるぞ!!」と誓いを立てます。それで1月2週目3連休あたりで失敗するとします。

そこで「やっぱりギャンブルをやめることはできないんだ」とあきらめるか「どうしてやめれなかったのだろう」と視点を変えてみるかで来年1年が決まります。

別に失敗したところでどうってことないです。むしろ普通です。誰も簡単に成功するなんて思っていません。病気ですから。だから「いかにあきらめないか」が大事です。

コツがあります。

1つは「上手に継続できるまでカウントは自分のスマホだけですること」

これは意気揚々と~日目とカウントしていって月末には「だめでした」と落ち込むのはもったいないからです。それならば最初からカウントせずに自分のスマホだけでひそかにカウントし無事に30日超えたら「30日でした」とすればいい。毎日は「今日も大丈夫でした!」とすればいいだけ、簡単でしょ?しかも毎日やり直せる。

2つ目「人と比べないこと」

これはギャンブルをやめて半年、1年の人と自分を比べてしまうと違い過ぎて「自分がだめに思えてきます」。それに回復のペースは「人それぞれ」です。「他人と比べて落ち込む必要はありません」比べるなら「過去の自分と比べましょう」

「以前は2週間しかやめれなかったけど、今回は3週間だったな」とかね

3つ目は「仲間を見つけること」です。

上手に仲間を見つけられる人は継続率が高いです。自助グループでもTwitterでも「同じ仲間を見つけてください」そしてお互い励まし合えれば、こんなに心強いことはありません。

依存症は「孤独の病」です。いかに「孤独」でなくなるかがカギになります。そのためには多少のプライドは邪魔になります。仲良くなるためには多少のコミュニケーションは必要ですし、自助グループなら通う必要もでてきます。

以上、「3つのコツ」を紹介しました。どれも「あきらめないこと」が最大のコツになります。参考にしてくださいね。

今年は大変お世話になりました。

来年もよろしくお願いします! 

よいお年を。

3+