あなたは選択できる。

最近、日々書くことを躊躇することも多くなった。こういうこと書いたらどう思うだろうか。そう思うことも多い。そんなに気になるなら有料noteにすればいいよ。みたいな話もあるが、やはり、このブログは検索でひっかかるべきで、人の意見を気にする以上に書きたいことを書いている。

前置きが長くなったが、「人は日々、選択をしている」という話だった。例えば明日、大晦日、12時~14時の間、自由時間の人も多いだろう。その時間何をするかはあなたの選択である。ということだ。

例えば

・TVを見る

・本を読む

・ゲームをする。

・ギャンブルをする。

・家族サービスをする。etc

そういう選択肢から選んでいるということ。どれも間違いではない。ただ多くの場合は「家族サービス」をしながら、「ギャンブルをする」ということはできないので、どちらかを選ぶことになる。

実は人生はこの「選択の連続」にすぎない。1日24時間は誰もが平等に与えられている唯一の物だ。その24時間をどう使うかは「あなたの選択である」ということだ。

と、ここまで来て結論が「正しい選択を選べ」ということではない。実は「選択できること」ばかりではないからだ。病気、体調、ケガ、不慮の事故。そういうことは選択できない。つまり、「自分が選択できないこと」もあるということである。

では、どうすればいいのだろうか?風呂で考えた。

その答えは「平安の祈り」の中にあった。

「神さま、私にお与えください

自分に変えられないものを受け入れる落ち着きを

変えられないものは変えていく勇気を

そして二つのものを見分ける賢さを」

変えられるのは「自分」だけである。変えられないのは「他人」または運命や環境やその他の要因。

大事なのは「変えられるもの」と「変えられないもの」の区別すら、自分たちは危うくて「見分ける賢さ」を「与えてください」という点である。

僕はいよいよ、平安の祈りの言葉を噛みしめている。

今日も賭けない一日をありがとうございました!

+3