たにやんの場合。

スリップパターン ~私のケース~スリップ。ない方が良いのは当たり前なのですが我々依存症者はほとんどの方がスリップを経験されているのではないでしょうか?ということで僕のスリップパターンを書いてみましたよ。

うわぁ~わかるぅ~って思ってくれる方もおられると思いますので、こんな時は注意しよう!って見てくれたら幸いです。

では、はじめます。

ケース1

多少の現金を所持していて急に時間が出来た時。

これはなかなかに危険ですね。

特に急にぽっかりと時間が空いた時。急に。

そんな時に切れるカードがいくつかあると有効かもしれません。

その点Twitterはとても参考になります。みなさんいろんなことして回避されてますからね。

例えば…

  • ラーメン屋行く
  • カラオケ行く
  • お絵かきする
  • ゲームやる
  • 銭湯、温泉へ行く
  • ブログ書く
  • プラモデル作る
  • 楽器の練習する
  • マラソン、筋トレする
  • ドライブする
  • 昼間から飲んじゃう

などなど、まだたくさんありますよね。

僕はそんなに温泉とか行くほうではないですが、先日仕事が突然おやすみになった時に、おもむろに山奥の温泉にひとりで行ってきました。よかったですよ。

山しかないもん。

露天風呂でただただ山を見てほげーーーーーーっとする。

そんな非日常を過ごしました。

興味あるけどやってこなかったいつもとは違う選択肢を選んでみるのは案外楽しいですね。是非。

ケース2

もう大丈夫だろ。

これは以前にも記事書きました。

特に大した理由もなく油断してたらやっちゃったパターンですね。

ある程度ギャンブルをしない生活にも慣れてきて、もう大丈夫だろ。少し遊ぶくらい。今なら全ツッパしないし。って思っちゃうアレですね。この感情わかりますね?はい。それです。

この感情はこの先ずーっと戦い続けなければなりません。

正直今もこの感情はあります。

何度も言ってますけど、適度に使っていい範囲内で楽しめる人は良いんですよ。楽しければ。

しかし僕には無理です。無理でした。何回も。いつもなんどでも!!!

なので、そんな思考の入ってくる隙間をできるだけ埋めてやろうと思うわけです。その意味もありブログも書き始めたのです。

ギャンブル以外の事を考える時間のウエイトを上げる。Twitterもそうですね。隙間を埋めてあげる。脳みそのコーキングです。

さぁ!!隙間埋めよう!!!

ケース3

ちょっと支払いが足らない。

過去に何度かあるパターンです。

そしてなまじ何とかなってしまう場合もあるので要注意です。前にツイートしましたが数万円足りなくてスロットして数千円で万枚出したこともあります。確実に罠です。

またなんとかなるだろうと思ってしまいやり出すとクセになります。なんとかなる場合の方が少ないのに。

借りるなり物を売るなりしてなんとか乗り切る。

できるならば支出を減らし収入を増やす。

これが難しいんですけどね。

~~引用終わり~~~~~~~~~~~~~

たにやんも何度も何度も立ち上がっています

立ち上がり方は参考になると思いますよ

続きは⇒たにやんの日記

0