Sさんの話。

はじめまして、Sです。わたしは18歳の頃からパチンコ、パチスロに明け暮れていました。30代で結婚しましたが、借金ですぐに離婚、子供は2歳でしたが、もう会えていません。子供に会えないことだけが今も心残りです。

初めてギャンブルしたきっかけは会社の仲間にパチンコ屋に連れて行かれた時でした。よくわからず当たりを引き、気が付けば次の日は一人で行っていました。やがて開店から並ぶ生活になるのに時間はかかりませんでした。

ギャンブルする資金は給料では間に合わず、サラ金から借りました。5社くらいだったでしょうか。そのうち、借金を返すためにギャンブルをするようになりました。当然勝てるわけがありません。もうその頃には何がなんだかわからなくなっていました。何のためにギャンブルをしているのか、自分でもわかりませんでした。

離婚してからもギャンブルをしていました。子供に会えない寂しさからさらにハマっていったと思います。本当に底をついたときに近くに心療内科に駆け込みました。

「つらかったですね」と言われた時に号泣しました。

今は病院に通いながら、少しずつ借金を返済しています。いつか子供に会えること夢みています。

つまらない話を聞いてくださり、ありがとうございました!  S

5+