僕等には金銭管理の能力がない。

こういう記事を書く時、本当にタイトルに気を付けるんだよねえ。すぐ批判されかねないから(笑)。

僕も含めてギャンブル依存症者には金銭管理能力がない。これは事実である。そもそも金銭管理ができるならばギャンブル依存症ではない。

金銭管理能力とは何か?「今日はパチンコ3000円でやめておこう」と3000円でやめられる人のことである。単純に。僕らは3000円でやめようと思って朝パチンコ屋に行っても、すぐさまATMに走り、2万を下ろし、昼には再びATMに走り、4万を下ろす、そういう種族である。

だから、僕は自分の金銭管理能力を信用していない。だいぶ訓練してきたが、使えるお金だと思うと消費に歯止めがきかなくなる。だから、基本お金は極力持たない。それが正解。もし可能なら信用できる人に管理してもらう。「僕はお金を使ってしまうので、預かってくれませんか?」と。なかなか他人は難しいものだが、家族なら可能だろう。僕は昔教会の牧師に頼もうとしたことがある。それくらい止められなかった。

今でも浪費癖はあるが、お金は簡単には引き出せないようにしているし、僕は自分の金銭管理能力を過信していない。まあ、本当に個人の問題だけど、ギャンブルをやめたいのであれば、金銭管理の対策は必須である。

そして、ボーナスである。人によっては月収以上のお金を手にするだろう。ボーナスをもらう前にきちんと使い道を考えた方がいい。僕らは多額の金を手にするとバカになる。

もう一度言う、「僕らは多額の金を手にするとバカになる」

年末にもう一度、この記事を読み返して、ボーナスをどう使ったか見直してみてほしい。僕等には訓練が必要なのだ。「自分の収入の範囲で生活する」という基本的な行動を。そして覚えていてほしい。「誰だって大きなお金を手にすると気持ちが大きくなる」ということを。

こういうことを書くと大抵ギャンブラーの人は躊躇してしまう。「なんで自分の金を管理されなければいけないのだ!!」「なんで自分の金の使い道を他人に指図されなければいけないのだ!!」と。

1つの提案であって、「ギャンブルをやめたいのか」それとも、「自分の好き勝手に生きたいのか」選ぶ必要がある。

ギャンブルをやめたいのか

自分の好き勝手に生きるのか

自分で選んでほしい。残念ながら2つしか道はない。

今日も賭けない一日をありがとうございました!

+2