7daysチャレンジをしてみて。

#Twitter断ギャンブル部

今日、7daysチャレンジも無事終わります。一昨日くらいは「あまり、カウントしてる人もないないし、どうなんだろうな」と思っていたけど、スポンシーさんと話していた時「1週間やめれたね」みたいな話をしていて、意外といいかも。と思ったので継続します。

まあ 僕自体も朝もツイートしているので、朝、晩って多いかなあと思っていたけど、予約投稿などを利用してうまくやっています。僕自身もギャンブル依存症について再認識することができるのでいいかなと思っていますね。

この1週間、あまりスリップの報告は聞かなかったのですが、スリップした場合、もちろん報告の義務なんてものはありませんが、みんなにゲロしてから、ツイートした方が気分がいいですよね。

まあ それが怖くてハッシュタグつけてない人もいるし、人知れず垢を消す人も多いのかなという印象です。

スリップしたところで僕らは驚きません。当たり前のことですので、そもそも、1週間超えるのが難しいのですから。一番危惧するのは「ギャンブルをやめることを諦めること」です。

なぜなら、ギャンブルの行きつく先は「死」でしかないのですから。「やめる選択」しかありません。これは本当の話です。だから何が何でもやめるべきなのです。でも、「やめ方」というものも存在します。

7daysチャレンジの影の目的は「やめ方」に気づいてもらうことにあります。7daysチャレンジで失敗するのであれば、どこか「自分のやり方」「今までのやり方」が間違っていると思います。

「じゃあ、違うやり方をやってみるか」と考えてほしいのです。例えば、金銭管理を見直してみる。自助グループに参加してみる。時間の使い方をもっと工夫してみる。など今までと違うやり方で挑戦します。

それでもだめなら、また違うやり方と「トライアンドエラー」を繰り返していくのです。それしかありません。それを何度も、何度もやっていく、時には5年、10年と。

長いですかね?僕は18歳からギャンブルを始めて、30歳でやめたいと真剣に思ってここに来るのに16年ですね。まだまだ「トライアンドエラー」をしていますね。

それくらい、「自分を変える」というのはできないことで、難しいことなのです。人それぞれにタイミングもあると思います。本当に。

あなたによいタイミングのきっかけになりますように。

よい週末を。

4+
タイトルとURLをコピーしました