徹底的に現金を持たない具体的方法。

パチンコ以外は知らないが、パチンコ、スロットは基本的に現金がなければギャンブルができない。よって現金を排除していくのが具体的対策になる。と言っても多くの人が試行錯誤していると思うので、僕なりのやり方を紹介しておく。

僕は今現在、下せる現金はたぶん1000円くらいかなあ。あと小銭貯金があるから全部で2000円くらいだろうか。1つは普段の消費行動を徹底的にキャッシュレスにしている。2つ目はネット銀行を利用して、簡単には引き出せないようにしている。からだ。

1つ1つ説明していこう。

普段の消費をキャッシュレスにするとは、僕の場合はLINEPAY、ファミPAY、スーパーのプリペイド、ガソリンのプリペイド、PAYPAYを使い分けている。と言っても給料日にそれぞれに分けるだけだし、チャージする銀行口座は一つにしている。それにより現金を持つという行為がなくなる。

唯一、給料日にスーパーのプリペイドとガソリンのプリペイドにチャージする際に3万円を持つという危険行為があり、実際去年はそれでスリップしているが、さすがに学習した、スーパーのプリペイドがないと食うに困るからだ(笑)

なので、あとはコンビニはファミPAY、普段の消費はLINEPAY、100均でさえも最近、PAYPAYにしたし、床屋でさえプラージュでJCBのプリペイドである。というふうに徹底的に現金を持たない。

よく銀行口座からチャージすると使いすぎてしまうのではないかと言われるが口座にある金額以上のチャージはできないし、現金を持つ危険よりよっぽどましである。どうしてもラーメン屋に行きたくて現金が必要な場合は最低限現金を持つだけである。2000円とかね。

2つ目、口座を下ろせないようにする。口座に関してはたぶん、いろんな人がいろんな工夫をしているとは思うけど、僕が行きついたのはネット銀行に貯めておき、そこから使う口座に使う分だけ普段の口座に振り込む。

そして、そのキャッシュカードは切り刻んでおく。ちなみに僕は普通の口座のキャッシュカードも持っていないか切り刻んでいる。あと通帳もほぼ切り刻んでいる。ただし修復できる程度にである。

修復できる程度であれば、平日に再発行してもらえる。通帳を破壊しておくのは通帳でATMから下せないようにするためである。残高であればネットで確認できるようにすればいい、その後でキャッシュカードは刻んでおく。というわけで僕が土日に下せる口座はない。

どうしてもという場合、例えば会社の飲み会とかの費用の場合は、平日、半日有給を取って、銀行で通帳を再発行してもらい、通帳とハンコで下す。こういう面倒くさいことをして簡単に下せないようにしている。

それでもギャンブラーはそれらの壁をなんなく突破する。いとも簡単に。それでも防御しておく必要がある。どんな場合でも。僕は僕を信用していないから。

今はいい時代で、キャッシュレスでほとんどのことができるし、クレジットもデビットカードを使えばほとんどのことができる。いい時代である。何なら、決済方法が使える店を選ぶ。

ともかく、お金についてはもっと勉強するべきだと思う。もちろん、僕も苦手だし、コントロールできない部分もある。だけど、それを避けてどんぶり勘定だから、ギャンブルしても何とも思わなかったのではないだろうか。そうであれば、見直す必要がある。

金銭管理についていろんな意見があるだろうが、家族がいる人は預けて管理してもらえばいい。ただ独り身はそうはいかない。自分で防御していくしかないし、学んでいく必要がある。参考になれば幸いである。

1つ注意点としては、現金がなくてもできる競輪、競馬、オートレース、FXについてはあてはまらない。違う対策が必要だろう。いろんなことを試してみてほしい。その過程で絶望もするだろう、だけど僕らは失敗しながら学んでいくしかないのである。

0