バイオハザード的な日記。

今日は令和2年4月11日(土) 晴れ。都市部に緊急事態宣言が出されてから初めての週末ということになる。うちの県では17例の患者が出ている。毎日、出ているかなあ。緊急事態宣言が出ている都市は不要不急な外出は自粛だそうだ。

では、うちの県ではどうだろうか?うちの市は人口約30人。コロナの発生は県で17例、市で3例ということだ。経済活動はどうかというと、普通に飲食店も銭湯もやっている。特に制限はないようである。普通に外出している。

最初は「危機感ないのかなあ」と思ったのだが、やはり、スーパー銭湯も客が4割くらいだし、それなりに減っている印象だった。あと感心したのはスーパーで買い物していて、9割のくらいの人が普通にマスクをしていることだった。よく手に入れているなあとは思うが、それほどマスクが必須になっている印象だった。

そういう意味で、意識はしているんだなあと思いました。主要な祭りもほとんど中止だし、覚悟はしているし、恐れもあるんだろうなという印象ですね。確かに怖いという意識が働くと人って恐怖心から行動を控えるものなのかもしれません。

東北で一番の都市、仙台では週末の外出自粛が始まっています。人口100万人都市、コロナは30例。確かに人口が密集する地域では拡がりやすいのだと思います。

今の段階で外出自粛を要請するのは判断が難しいという印象です。1つは政治が動かないと市民は動かないという印象です。また地方都市では経済的に破綻する恐れがありますので慎重にならざるを得ません。専門家の意見や医師会の意見が必要でしょうね。

いずれにしても仙台を発端に東北で足並みをそろえようとなれば、週末の外出自粛くらいにはなりそうだなあという感じです。地方都市まで緊急事態宣言までいくかと言えばそこはどうかなと思いますが、日本全土に緊急事態宣言が出れば、本当にやばい感じですね。たぶん 国としてそこまでやらない気がします。破綻しますから。

そうならないことを祈ります。今が食い止めるときですね。僕らには覚悟ができています。家族だけでは守りたいと思います。

現場からは以上です。

0