うまく言えないけど、我慢だけではギャンブルは辞められない。

うまく文章化できないないんだけど、我慢だけではギャンブルはやめられないと思う。僕がそうだったから。「次の給料日まで何とかしのごう」とぎりぎりの生活をし、それでやっと給料日にお金が入るといとも簡単にスリップする。これを何度繰り返してきただろう。

我慢して、我慢して、もう限界!!って時に「給料日だあああ」って、そりゃあ 打ちたいよねえ。我慢してるんだから。それは抑えるのは無理。そう無理げーなのです。じゃあ、今は我慢してないのですか?ってあんましてないかなあ。

1つ目は「ギャンブル依存症」の病気の本質にふれたこと。2つ目は「お金がなくても楽しみを見つけられるようになったこと」かなあ。1つ目に関しては「なぜ、ギャンブルをしてしまうのか?」を少しだけ理解したし、ギャンブル依存症は「病気」という意味を理解したから。

2つ目はお金のかからない趣味を強引に見つけたから、去年の12月のボーナス時期にあと1年間はとりあえず借金返済のためギリギリの生活を覚悟した。だから先に投資をした。レンタルサーバーとドメインを1年間先払いした。ともかく、ブログ、サイトを作ろうと思った。サイトアフリの講座も受講している。

負けず嫌いだし、お金もないし、時間はあるし、だから、お金がなくてもできることを徹底的にやっている。しかもそれが結構楽しいのである。文章書くのも好きだし、自分の時間だし、ブログをやる前はともかく時間潰しだったし、つまらなかった。ただ時間の過ぎるのを待ち、たぶんあのままだったら、発狂したかもしれない。確実にギャンブルをしていたかもしれない。

2つ目に関しては何でもいいと思う。ジムに行ってもいいし、筋トレしてもいいし、何でもいい。好きなことをすればいい。楽しめることであれば。ただし、1つ目の学習というか知識も同時に身につけてほしい。

「なぜ、自分はギャンブルをするのか?」「依存症とは何なのか?」「回復するとはどういうことなのか?」「何年もやめ続けている人はどうやってやめているのか?」そういう知識なしに2つ目をしてもあまり効果がない。

昔、ギャンブルの代わりにジムに入会してはいいが、ジムに行く途中でギャンブルをし、結局ジムをやめてしまった。まずは1つ目の知識が大事である。

1つ、考えてみてほしいことがある。「あなたはなぜギャンブルをするのだろうか?」楽しいから?お金がほしいから?そのお金で何したいんだろうか?本当にギャンブルは楽しいのだろうか?

意味がわからないと思うのだろうが、今僕は「ギャンブルをやめ続けるのが楽しい」のである。意味がわからないと思うのだけど、そういう時期である。う~ん、7うまく説明できないけど、お金使わなくていいとか、時間が使えていいとか、そういうことでもなくて、「人の役に立つ」って幸せだよねってだけですね。 乙。

0