僕は不寛容な社会が怖い。

この前、依存症の啓発番組の中で不寛容な社会はいつから始まったのかと言う話があり、その中で「Twitter」以後だという話があった。僕もそうだと思う。「Twitter」は簡単に世界と繋がることを可能にした。それはとてもいいことだったけど、その代わり、誰もが匿名で意見を言うということも可能にした。

それは一見、誰もが意見できていいことだと思われるが、誰もが制裁者になることも可能にした。匿名のなせる業である。このことは世論も動かすこともできるし、人を追い込んで命すら奪うこともできるということである。

現に批判されて、被害を受けている人も現実にいれば、デマが広がる原因にもなる。もちろんいい面もある。それはマイノリティの意見や仲間を見つけやすくなったことだと思う。だけど、それに伴ってデメリットもあることも覚えておかなければならない。

きっと不寛容な社会システムというのはもう構築されてしまっていて、もう自分で自分の身は守るしかないのだ。そもそも芸能人の恋愛に個人がどうのこうの言える時代なのだから、だから、僕は怖いし、発言はなるべく気を付けているし、個人情報は漏らさないようにしている。

本当にたまにタイムラインに個人情報を晒されて批判されているのを見ると、もう公開処刑だなと思ってしまう。あまりにも不寛容だし、もちろん、誰にもそんな権利はない。もちろん、誰だって意見する権利はあるんだろうけど、批判することは何も生まない気がするのは僕だけだろうか。

不寛容な社会は今成熟期にあると思う。ここで僕らのモラルが問われているのだと思う。「そういうのはやめようよ」と言うのか、「許してはいけない」と思うのか。その判断は僕らにゆだねられていると思う。

0