旅は嫌いだ の巻。

たまにはコラム的な記事も書こうと思う。「旅が嫌い」である。基本的に面倒くさいのだ。出発してしまえば何とかなるのだが、それまでが面倒くさい。そもそも旅の意味がわからない。(笑)

 

そういう僕もイギリス、イタリア、北海道、宮崎、京都、宇都宮、宮城とかは行ったことがある。行こうと思えばいけるのだが、何か衝動がなければ行けないなあ。イギリスは短期留学してみたかったから行ったし、イタリアは人に会いに行ったし、(人に会いに行ったが、行ったら何しにきたの?って言われたレベル)。

 

基本的に面倒くさいのだ。自分の部屋さえあればいい。ネットにつながっていればなんでもできるし、極楽湯と図書館があれば、世界中、僕にとってどこでも一緒である。旅が好きな人もいる。大学時代にそういう友人がいたが、旅行会社に就職した。そういうものだ。

 

北海道の大学に行った時親戚のおじさんに「北海道 いろいろ行ったか?」と聞かれたが、特に用がなければ行かなかった。旅行に興味ないんだね(笑)

 

まあ、たぶん旅行に期待するのは「おいしいもの」とか「景色」とか「出会い」とかだろうけど。ナイアガラの滝を見たら感動するだろうか?疑問だな。感動指数低いからな。

 

よく世界1周して人生変わりました!みたいな本あるけど。まあ憧れはあるんだけどね。面倒くさい。沖縄は行きたいなあ。やりたいことがあれば行くんだけどね。

 

今のところは、GAの集いとか元嫁と子供のために行くとかそういう同行が一番いいかなあ。たまにどこかに行きたい旅情に駆られることはあるけどね。カブで日本一周とか。う~~ん。あんま興味ないなあ。

 

温泉旅とかはいいかもね。各地の温泉を制覇していく。それはいいかも。それはいい。そんなことを夢見ている。R