お金持ちの条件。

ネットのニュースにyoutuberが1億円を持って載っていた。5年で貯めたそうだ。いいなあ(笑)。まあそれはさておき、お金持ちになる条件を知っていますか?

 

1億円、うらやましいですか?僕は怖いですね。人生狂いますから。確実に。それくらい自分を信じられないし、ひどい人間になって野たれ死ぬでしょうね。マジで。

 

少し昔話をしましょうか。僕は23歳の頃に500万円を手にしたことがあります。もちろん、自分で貯めたお金ではありません。死んだ母の遺産でした。事業をするために使いたいとみんなが引き止めるのも聞かず、強引に手に入れました。

 

今考えれば、そもそも事業の計画すら適当だったのです。テキトーがテキトーに考えたものだから、うまくいくはずもありません。どうしたかって?開業1か月で潰しました。それも開業時にはほとんど残っていませんでした。

 

開業するという不安から、ギャンブルに逃げ、風俗に逃げ、毎晩雀荘に通っていました。きっと本音はただ単に働きたくなかったのでしょう。つらいことから逃げ、楽したいだけでした。そしてお金を湯水のように使いたいだけでした。残ったのは借金だけでした。それが最初の祖父母の肩代わりでした。

 

僕はギャンブル依存症です。明日自由になる金が10万あったとしても、どう使うか僕は自分を信用できません。ましてやそれが、100万単位だとすれば、きっと地球の果てまで逃げているかもしれません。何から逃げるかって?自分からです。

 

そして、気づくのです。世界の果てまで行っても自分からは逃れられないのだと。自分を変えるしか世界を変える方法はないのだと。

 

でも、自分が変われば、世界が変わっていくということ。最近そのことに気づき始めました。それまでは世界に怯え、世界を恐れ、自分が内へ内へと向かっていました。

 

僕は少しずつ自分を解放する方法を学習しています。少しずつ世界が変わっていきます。そのサインは仲間との会話で気づかされました。ヒントは世界が教えてくれます。

 

別にお金持ちにならなくても、自由になれるのです。そしてギャンブル依存症は決してお金ではお金持ちになれないのです。もしもお金持ちになれるとしたら、ギャンブルをしないことによってだと思います。その時にはもっと世界が開かれているでしょう。

 

きっとお金より大切なものに気づくでしょう。でも最低限のお金は必要ですよね。掃除機も買い戻さなければ(笑)そういう僕は今はお金よりずっと大切なことに気づかされてます。 R