ギャンブルは勝てないという話。

STEP1の話の時、ギャンブルは絶対に勝てないという話をされる。それはそうなんだけどね。確かにギャンブルは勝てない。

 

ある日のこと、2万の軍資金でジャグラーを打ちました。そのお金は今月の生活費でした。もちろん増やそうと思ってスロットをしたのですが、BIG3回来て5千円が1万5千円になりました。これで生活費が楽になる、一瞬そう思いました。

 

そして、換金して2万が4万になったのです。これで帰ればなんの問題もなかったですが、ふとパチンコの新台が目につきました。あと1万くらい突っ込んでもまだ勝っている。そう思いました。そしてパチンコ台に座りました。1万突っ込み、当たりは来ず、そしたら台から立てなくなりました。

 

また1万、また1万、結局全部突っ込みましたとさ。

 

ね、僕らはギャンブルをやっても勝てないのだよとスポンサーさんに言われました。その通りだと思いました。しかし次の言葉に引っかかりました。勝てなくてもギャンブルはするかなあ?と言われ、僕は勝てなくてもギャンブルすることはある、お金を使ってすっきりするという側面もあると話すと

 

それは脳の病気だよ と言われました。

 

なるほど、病気だったのかと合点がいきました。どうりで行きたくないと思っているのに、通帳を握りしめてATMの前にいる自分がいたなあと思いました。そういう姿は確かに病気だなあと思いました。 R