お金からの解放。

つくづくお金というものは不思議なものである。そして僕らはお金に支配されていると言っても過言ではない。人は時にはお金のために憎しみ、争い、盗み、殺しあう。そろそろお金に支配される生活からは解放されたい。

 

もちろん、お金がなければこの資本主義社会では何もできない。食べるのにだってお金はかかる。衣食住、生活するのにお金がかかる。お金がかからない世界とは自給自足くらいである。

 

お金が必要なのはわかる。ただお金に支配されてはいけない。例えばお金がなければ楽しく過ごせないと思っていないだろうか。ギャンブルはもちろん、風俗もそうだし、外食もそうだ。最近節約のために家計簿アプリをつけているのだが、毎日何かしらお金を使っていたりする。

 

たぶん、これは習慣になってしまっているのだ。お金がなければ楽しくない。お金があれば何でもできる。お金さえあれば。そんな脅迫観念に縛られているのだ。

 

しばし、お金から自由になって生活してみてはいかがだろう。どうすればいいか。なんのことはない。お金を使わない日を作るだけである。今日はお金を使わなくて過ごせた。そうなればお金の脅迫観念から自由になれるのではないだろうか。 R