人はなぜギャンブルをするのか?

人はなぜギャンブルをするのか?考察してみた。一番の理由は「お金が増える」と思っているからだろう。そしてその成功体験が過去にあるからだ。「あの時、1万円が5万円になったなあ。そして風俗行ったなあ」という成功体験が強烈に脳に残っていて、「また増えるかも」という妄想のうちに行動してしまうのですある。

 

当然、そんな成功はたまたまであって、多くの場合は負けて終わるか、さらに賭けて終わるかである。僕にもそういう体験があるので、話してみたい。

 

その日僕には軍資金が一万しかなかった。ホームで絆を朝一から打ったら、ぎりぎりで当たり、1箱になった。12時には換金して3万円になった。「これで生活ができる」と思ったのだ。だがしかし、僕は換金所から再び、店内に入り、違う絆にお金を突っ込んでいた。そして、残り1万になったところで「俺は何をやってんだろ」とそう思った。という話。

 

さて、なぜギャンブルをするのか、という問いにもう一つの答えがある。それは「居場所」というものである。僕が人とどうしてギャンブルをするのか話していて「お金なんかどうでもいいけどギャンブルしていた」ということがあった。これは「お金が増える」という妄想と少し違っている。

 

それはギャンブル場が「居場所」となっていたからである。うまくいかない現実からの逃避に、いらいらしたストレスのはけ口にギャンブルをする理由になっていたのである。これはもう勝っても負けてどうでもいい感じである。僕にもそういう経験がある。1日中ギャンブルをしていて、後半にはもう勝ち負けなどどうでも良くなっていたのである。

 

これはなんなのだろう?と仲間と話していた時に「脳の病気だよ」と教えてもらった。「脳の病気」そう思えば合点がいく。自分では行きたくないと思っていても、パチスロの動画をみた時に、通帳を持ち出した時に、すでにスリップしているのだ、もうスリップ確定!である。

 

じゃあ、この「脳の病気」に対抗するのはどうすればいいのだろうか。今のところ、薬はない。禁煙と同じでやらないこと、最初の1回に手を出さないことしかない。これが非常に難しい。ちなみに僕は禁煙に成功したが、どうしてもやめたくて禁煙外来に5回も通院した記憶がある。それでもやめれた。

 

だから、ギャンブルもそうやってやめるしかないのだと思う。「脳の病気」だとしっかりと認識して対策をしていこうと思う。 R