書くことについてあれこれ。

文章を書くのが好きです。この前、仕事で同僚によくメモを渡していたら、「ちゃんと話した方がいいよ」とアドバイスをもらいました。その時僕が言ったのは「話すのは得意ではないのだ、だからメモした方がきちんと伝わると思って」というものだった。

 

自然とそういう返事になったのだが、よく考えてみれば、僕にはそういうところがあるし、話すよりも文章を書く方が好きだ。イメージとしては頭の中のことの10分の1も言葉にはできないけれど、10分の3くらいは文章にできるという感じかな

 

本を読むのも好きで、図書館から1冊ずつ借りては読んでいる。今は桐野夏生さんを読んでいる。本も映画も音楽もその世界に入りこめるのが好きである。

 

書くのは自分の世界というか、頭の中を表現できることがうれしい。そういう感じでしょうか。小学生の時、読書感想文でなんか賞をもらったんだけど、「こんな表現が大人は好きなんだな」と思った記憶と高校受験の作文で「みなさんはどう思いますか?」と書いて国語の先生に「生意気に思われちゃうよ」と言われましたとさ。R