仲間とともに。

ギャンブル依存症は何日やめていても、スリップする危険と隣り合わせです。何日目であっても、「今日一日賭けないこと」が大事です。これが本当に難しいことなのです。

 

でも、最近解決の糸口が見えてきました。依存症の真っただ中の時は、ギャンブルしていても「本当に孤独だなあ」と思っていました。またギャンブル依存症が理解されない時も「僕がおかしいんだろうなあ。孤独だなあ」と思っていました。

 

でも、最近、スカイプミーティングで仲間の話を聞くこやツイッターで仲間と交流することが多くなって、「独りじゃないんだな。孤独じゃないんだ」と少しずつ思えるようになりました。僕は実際に会うわけではないですが、世界中に仲間がいて、繋がることができるんだと思うと心強くなります。

 

僕のギャンブル依存症の根っこは「孤独」でした。今でも「孤独」を感じることはあります。でも今は誰かが声をかけてくれます。本当にありがたいことです。そう思えたら、失敗しても立ち直れるし、まだまだ頑張れると思っています。 R