生きる意味。

別にたいそうなことを書こうと思ったわけではありません。「生きる意味」は人それぞれですから。答えなんてありません。ただ、「死にたい」と思っている人に少しだけ僕の話をしたいと思います。

 

僕は今44歳です。別れたカミさんと2歳半になる子供がいます。子供には月1回会っています。かわいいもんです。今日も会ってきました。しゃべれる単語が増えてきて「シンカンセン」としきりに言っております。別れて1年半になります。

 

原因は僕の借金でした。まあ僕のせいですよね。それによって失った家族というものの代償は大きかったです。子供に会えない月の残りの30日は子供のことを考えて生活しています。

 

それまで、僕は僕の人生はどうでもよかったのです。毎年訪れる鬱と職場のパワハラと何度も死のうと思いました。子供が生まれる前までの自分ならば、死んでもよかったのかもしれません。

 

ただ、今は死ねません。子供がいますから。子供を路頭に迷わせるわけにはいきません。僕と同じように寂しい人生を送ってほしくはありません。何より僕が子供が大きくなるのと共に過ごしたいのです。だから、今は無理はしません。できないことはできないと言い、休職が必要であれば休みます。

 

何とかなるものです。鬱の時も子供に会うと泣いてばかりでしたが、「泣かないで、元気で会いたいな」と思えました。生きる意味なんて人それぞれです。ただ、僕にとっては子供が愛おしいのです。だから僕は死ねないのです。まだまだ頑張りますよ

 

死にたいあなたへ 届きますように。 R