僕がギャンブルを辞めれている理由について考えてみた。

去年の11月まで、まったくギャンブルをやめれていませんでした。30日を超えることはなかったです。給料日がくるたびにスリップしていました。12月にやっとギャンブルをやらずに過ごすことができました。

 

その理由の1つは借金で生活が苦しく、痛い目に遭っているからだと思います。現在僕は170万くらいの負債があります。多くはギャンブルで作った借金です。そのせいで今現在返済の日々を送っており、そのダメージは毎月の生活にダイレクトにのしかかってきます。

 

昨年中、任意整理をしていたのですが、その返済を12月のボーナスから始めました。ボーナスのほとんどを返済にあて、今後も毎月一定額を返済にあてなくてはいけません。自業自得ですが、それが非常に悔しくて、「ばかなことをしたなあ」と毎月思い知らされます。

 

そのことが僕がギャンブルをやめるきっかけになったと思います。「必ず借金は返す。自由になる」そう思っています。それまではどんなことをしてもお金が入ればギャンブルをしていたし、いろんな方法を試してもだめでした。

 

たぶん、自分で「痛い目」に遭って、「悔しい思い」をしなければ、ギャンブルをしたいという欲求に勝てなかったと思います。これからも毎月思い知らされることでしょう。そのたびに「二度としてはいけない」と思いなおすことでしょう。 R